DHQの雑記とか

mugen関連でいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

受身不能時間とair.hittimeおよびfall.recovertimeの設定について

受身不能時間と、air.hittimeおよびfall.recovertimeの設定について。
mugenの受身不能時間にはair.hittimeも効いてくるため、こちらもまとめてあります。
できるだけ簡略化してまとめたので、説明を割愛させてもらっているところがあります。
割愛すべきでないところが抜け落ちていればご意見いただけるとありがたいです。


まずair.hittimeの効き方について。
mugenのデフォルトコモンでは、5050番ステートに入らないと受身が取れません。
したがって、hitoverフラグが立つか、5030番と5035番ステートにおいてanimtime=0フラグが立った後でないと、
canrecoverに関係なく受身は取れません。
ところが5030番および5035番ステートで表示されるanimの長さはバラバラなので、
このステートでのanimtime=0フラグは受身不能時間の定義としては全く信用できません。
そのため、hitoverフラグでコントロールしてやらないと相手キャラクターによって
受身不能時間が大幅に変わり、最悪永久の原因になります。
というわけで、受身可能なダウン誘発技でhittimeをむやみに長い時間にするのは考えものです。
air.hittimeはfall.recovertimeと同じにするか、1F短いぐらいでいいと思います。

fall.recovertimeについても注意が必要です。
fall.recovertimeはhittimeと違い、相手のヒットストップ中もカウントの対象になります。
またデフォルトコモンでは、fall.recovertimeに設定されたフレームが経過した後であっても、
canrecoverフラグは立ちますがy方向のvelocityによる制限がかかるため、受身は取れません。

というわけで、fall.recovertime=
相手側hitpausetime(この値は最低保証値として規定)+
追加受身不能時間(この値で受身不能時間を調整)
とし、air.hittimeは、fall.recovertimeと同じか1F短いぐらいでいいでしょう。


ここまでの記述で、普通はどうにかなります…が、
一部のキャラはcanrecoverフラグが立つ=受身可能とみなして受身を取るので、
事実上のくらい抜けのような状態に陥ることがあります。
これらの受身を潰す記述例を挙げますと
fall.recovertime=
相手側hitpausetime(この値は最低保証値として規定)+
(-1*hitdefのy方向ヒットベクトル-1)/hitdefのyaccel(この値も最低保証値として規定、y方向ヒットベクトルが-1以上の攻撃ではこの項は不要)+
追加受身不能時間(この値で受身不能時間を調整)
air.hittimeは、fall.recovertimeと同じか1F短いぐらいでいいでしょう。

ただしこの記述にはふたつ問題があります。
ひとつ目は、デフォルトコモンでは高度によってvelocityの制限が変化する点。
pos Y >= -20(地上付近)ではvel Y > 0にならないと受身ができませんが、
それよりも高い位置ではvel Y > -1と条件が緩和されます。
上記の式では、地面付近ではある程度速度がついているとみなしてvel Y > -1をベースにしていますが、
velocityを考慮しない式とは受身可能になる時間が変化します。
ふたつ目の問題として、ground.velocityとair.velocityのy方向成分が違う場合
(要するに、地上で当てた時と空中で当てた時で浮き方が違う場合)、
hitdefのy方向ヒットベクトルにp2statetypeトリガーを挟んで対応することになるわけですが、
hitdefの実行タイミングと実際に当たった時の相手側statetypeが異なる場合、
受身不能時間が本来意図しない値になります(例:空中ヒットなのに地上ヒット時の受身不能時間が適用される)。
その結果、相手がジャンプした1F目に当てた場合にだけつながるコンボや、
相手の着地硬直1F目に当てるとつながらず、2F目移行に当てればつながるコンボというものが発生する可能性があります。
y方向ヒットベクトルを無視するキャラ限定でnameで対応すればいいのですが、
手間がかかるだけではなく変数を使わざるを得ないので、
前者の手法を取るか後者の手法を取るかは各自の判断にお任せします。

  1. 2013/01/27(日) 15:22:09|
  2. キャラ製作の豆知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレイヤー操作動画上げてみました その32 | ホーム | プレイヤー操作動画上げてみました その31>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dhq.blog137.fc2.com/tb.php/88-f188340c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DHQ

Author:DHQ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (2)
mugenの仕様 (16)
mugenのAI (3)
キャラ製作の豆知識 (31)
動画について (32)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。