DHQの雑記とか

mugen関連でいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

空中判定から地上判定への移行について

一般的に空中判定(statetypeがA)になっている間はphysicsがAもしくはNになっていると思いますが、
今回はそれらの状態からpos Y >= 0で地上判定(statetypeがSまたはC)に移行する過程について。


まずphysicsがAの場合から。このとき、地上判定への移行はmugenの内部処理として実行されます。
実ステートの処理が終わるとvel Yによる座標移動が行われ、
移動後にpos Yが0以上になっていると52番ステートに飛ばされます。
実ステートの処理は一旦終了していますが、52番ステートの処理は行われるので、
statedef直下にあるtype、physics、ctrl、anim変更は実行され、
time=0やanimelem=1などをトリガーにしているステコンも作動します。
また52番ステートからさらにchangestateをかけた場合は、飛んだ先のステートの処理も行われます。
ただし常時監視ステートが実行されるのは次のフレームになってから。

続いてphysicsがNの場合。地上判定への移行はキャラクターがステコンを使って行います。
一般的に実ステートでpos >= 0でchangestateを使って地上判定にすることが多いですが、
この方式で地上判定にした場合も常時監視ステートが実行されるのは次のフレームになってからです。


physicsがAの時の52番ステートへの移行についてlunaticさんのブログ記事を参考にしました。
と言うより、そこからこの記事は出発してます。

そのうちに着地硬直を実質0Fにする方法についてまとめたいと思っています。
ここまで読んでピンと来た方もおられると思うのですが、
自分が考えた方法は常時監視ステートをきっちり整備しておかないとバグ必至・・・どころか
キャラによってはどうやっても不具合が出るのでそのあたりの説明もまとめる予定。てかそっちがメインになりそう。
  1. 2010/12/01(水) 02:25:31|
  2. mugenの仕様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<randomの使い方について | ホーム | timeとanimtime>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dhq.blog137.fc2.com/tb.php/8-a173bc0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DHQ

Author:DHQ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (2)
mugenの仕様 (16)
mugenのAI (3)
キャラ製作の豆知識 (31)
動画について (32)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。