DHQの雑記とか

mugen関連でいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

defencemulsetの適用タイミングについて

defencemulsetの適用タイミングにまた厄介な仕様が見つかったようなので記事に。
どうもmovetypeがHになっていないフレームでも適用されることがあるようです。既出でしたらすいません。

この記事はバイク乗りさんの情報の提供を受けて書いています。本当にありがとうございました。


defencemulsetの適用条件

1.ライフ変動が起こる時点で、movetypeがHになっている
hitoverが成立してmovetypeがIに戻ったフレームで
hitdefやprojectileがヒットしたによるライフ変動が起こった場合、defencemulsetは適用されません。
ただし同一フレームで、movetypeがIに戻る前にtargetlifeaddを行った場合、
targetlifeaddを作動させた時点でのmovetypeはHなので、defencemulsetが適用されます。

2.ライフ変動が起こる時点で、hitpausetimeが1以上の値を返している
バイク乗りさんから情報の提供を受けたのがこちら。自分は単に書いているだけです。
相手をhitdefで殴りhitpausetimeが1以上の値を返しているフレームでライフ変動が起こった場合、
movetypeがAであってもdefencemulsetが適用されます。
したがって、例えば自身のヒットストップ中に飛び道具に被弾した時や、
ヒットストップを無視したガーキャンで攻撃を受けた時にも、defencemulsetが適用されます。
constのdefenceを高めにしてlifeaddで初弾分のダメージの調整を行っている場合、
ヒットストップ中に初弾を受けるとdefencemulsetの効果とlifeaddによるライフ減少が重複してしまい、
余分にライフが削られることになります。
lifeaddによる調整を行っているときは、defencemulsetのignorehitpauseは無効化しておいた方がよさそうです。
なおこの状況は、自分側のhitpausetimeだけを極端に大きくしたhitdefで相手を殴った後、
先に動けるようになった相手に自分を殴らせることで再現できます。

  1. 2011/11/18(金) 03:56:36|
  2. mugenの仕様
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プレイヤー操作動画上げてみました その17 | ホーム | キャラ性能のチェックリスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dhq.blog137.fc2.com/tb.php/49-a03015af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

DHQ

Author:DHQ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (2)
mugenの仕様 (16)
mugenのAI (3)
キャラ製作の豆知識 (31)
動画について (32)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。