DHQの雑記とか

mugen関連でいろいろと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

const設定上の注意

constトリガーで呼び出される数値の諸注意まとめ。
なお見た目のみに関わる記述には、基本的に注釈を付けていません。
一部のパラメータについては推奨値も記載しているので、数値を決める時の参考にどうぞ。


[Data]
life = 1000
;ライフの上限値。
;特記事項無し。

power = 3000
;パワーゲージの上限値。
;デフォルト値は3000ですが、
;格ゲーをさせるつもりなら何も考えずに3000にするのは危険。
;調整はしっかりと。

attack = 100
;攻撃力の倍率。
;基本的には100固定で、攻撃力の調整は
;damageやtargetlifeaddのvalue側で調整をかけることをオススメします。
;attackが80だから火力が低いというのは悪い冗談の部類。

defence = 100
;防御力の倍率。
;特記事項無し。

fall.defence_up = 50
;statetypeが一度Lになった後の防御力の倍率。
;デフォルト値の50が安定。

liedown.time = 60
;ダウン時に何も入力しなかった時に5120番ステートに移行するまでのフレーム。
;特段の事情がなければデフォルト値の60で。

airjuggle = 15
;juggle値の上限。
;色々と信用できない数値ですがどうしても使いたければ要調整。
;そうでなければデフォルト値の15。

sparkno = 2
guard.sparkno = 40
KO.echo = 0
volume = 0
;特記事項無し。

IntPersistIndex = 60
FloatPersistIndex = 40
;未調査。


[Size]
xscale = 1
yscale = 1
;特記事項無し。

ground.back = 15
ground.front = 16
air.back = 12
air.front = 12
;押し出し判定の幅を規定。
;相手キャラクターに不都合が出るので4項目とも全く同じ値にするのがベスト。

height = 60
;statetypeがSの時にこのキャラを飛び越えるために必要な高度差。
;デフォルト値の60が安定。
;特に高くするのはオススメできません。

attack.dist = 160
;本体もしくはヘルパーのmovetypeがAになった時に
;相手キャラクターのinguarddistが成立する範囲。
;デフォルト値の160にしておき、
;技ごとにattackdistコントローラを実行するのがオススメ。

proj.attack.dist = 90
;上記attack.distがprojectileになったもの。
;デフォルト値の90にしておき、
;技ごとにguard.distを記述するのがオススメ。

proj.doscale = 0
;特記事項無し。

head.pos = -5, -90
mid.pos = -5, -60
;掴みなどで妙なところを掴まれないためにそれらしい高さに。
;くらいモーションで大きく仰け反り、
;ニュートラルの位置から大きくズレる場合はニュートラルの位置寄りに。

shadowoffset = 0
;特記事項無し。

draw.offset = 0,0
;Ctrl+Cを押した時に表示されるキャラの基準位置が、
;実際にキャラがいる座標からoffsetの値のぶんだけずれ、
;余計な勘違いを起こしかねないため0,0安定。

[Velocity]
walk.fwd = 2.4
walk.back = -2.2
run.fwd = 4.6, 0
run.back = -4.5,-3.8
jump.neu = 0,-8.4
jump.back = -2.55
jump.fwd = 2.5
runjump.back = -2.55,-8.
runjump.fwd = 4,-8.1
airjump.neu = 0,-8.1
airjump.back = -2.55
airjump.fwd = 2.5
;特記事項無し。

[Movement]
airjump.num = 1
;内部処理を使用した空中ジャンプの使用制限回数。
;内部処理を使った空中ジャンプはjuggleと同様に
;色々と信用できないところがありますが、どうしても使いたければ要調整。
;空中ジャンプをしない、もしくは自前の処理で行う場合は0に。

airjump.height = 35
;内部処理を使用した空中ジャンプを使用するなら要調整。

yaccel = .44
;physicsがAもしくはgravityコントローラが有効な時に
;キャラクターにかかるy軸方向の加速度。
;逆に言えばこれらの状況でしかconstのyaccelは参照されません。
;推奨値は特になし。

stand.friction = .85
crouch.friction = .82
;それぞれphysicsがS、Cの時にかかるx軸方向へのvelmulの係数。
;全くノックバックしないなど、極端に特殊なキャラを除きデフォルト値固定で。

  1. 2014/04/13(日) 11:54:00|
  2. キャラ製作の豆知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キャラ作成上とりあえずやっておいた方がいいこと(必須部分) | ホーム | 120~152番anim作成時の注意点>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dhq.blog137.fc2.com/tb.php/103-75e103d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:DHQ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
お知らせ (2)
mugenの仕様 (16)
mugenのAI (3)
キャラ製作の豆知識 (31)
動画について (32)

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。